毎日ののんびりとしたちくちく手仕事と身の回りの出来ごとを。ちくちく☆てくてく友達ができるといいなぁ。


by chiku-teku

手縫いとミシン

2年前にカーテンのすそ上げのために購入したミシンが、
最近では大活躍。
大きなものを縫うとき、
ザザーっと縫うときにはやはりミシンが一番!と思いますが、
小さな小物を縫うときには手縫いの朴訥さ(?)温かさがいいなぁと思います。

f0178283_12561289.jpg

退院のときにBabyに着せるベビードレスが完成。
これは、すべて手縫いでちくちく。
丸々2日間、かかりましたが、なんとなくやさしい感じに仕上がりました。
まだ性別もわからない頃に、楽しみにして買った淡い黄色のコウノトリの柄の布地。
肌ざわりもやさしいものに、フリルレースをつけました。
男の子なので、ちょっとだけの飾り。

f0178283_12574582.jpg

もう一枚、同じ型紙で、
今度はミシン縫いにしました。
お帽子と手袋も一緒に。
一日で、ささっと仕上がりましたが、やっぱり私のお気に入りは手縫いのほうかな♪
[PR]
by chiku-teku | 2008-09-26 12:58 | ちくちく☆お針仕事

Baby Boots

f0178283_13401769.jpg


ちっちゃいあんよに、BabyBootsを編みました。
使ったのは、ブランケットやカーデガンとお揃いのブルーの糸(綿70%・アクリル30%)。
外側に、蜂とひまわりのステンシルをつけました。

Babyシューズは初めて編み編みしたのですが、
ちっちゃいからすぐに完成☆
靴下代りにお出かけのときに履けるように、
いろんな形のBabyシューズを編もうっと!
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-29 13:44 | 編み編み★

性別判明

前回の検診でわかったのですが、
Babyは男の子と判明!
これまた、不思議な気分でした。

実は、
おなかの中に芽生えた命に気づいた瞬間、
”この子は女の子だ!”という気がしていました。
なんの根拠もなかったのですが、
勝手にそう信じて、女の子を育てているイメージを膨らませていました。

f0178283_13292793.jpg

最近、ものすごくお腹が前に出てきていて
巷では「男の子だとおなかが前に出る」
って言うし、
男の名のかなぁとは
漠然と思っていたのですが、
エコーでばっちり証拠が!
証拠写真ももらいました。
夫も、両ばぁばも大喜び。
やっぱり、
男親は男の子だと嬉しいみたい。

不思議なもので、
ふと気付いてみれば、
今まで作ったものが
男の子向けだったのに
改めてびっくりしました。

それにしても
8か月とは思えないおなかの大きさ。
スーパーでスイカを選んでいても、
区役所の両親学級に行っても、
「臨月ですか?」と尋ねられます。
Babyも順調に大きくて(両親が二人とも大きいんだから、 おっきいのは当たり前なのだけど)
8か月と2日目で1600gでした。順調。順調。

ところで、昨日の検診では、すごいポーズをしていました。
先生も驚いて(時々あることらしいのですが)2枚もエコー写真を撮ってくれました。
足を背中側から頭の上に曲げて、自分の手で足をつかんでいました。
なんともヨガのポーズ。
両親ともに体が硬いのに、Babyの体の柔らかさにびっくり!
エコーを一緒に見ていた夫の「将来、体操選手かなぁ」の一言にクスッ☆
夫が、”お父さん”になっていってることが、何よりも嬉しいのです。

いろんなポーズをして遊んでるのがわかるくらい、
外から見てもおなかがブルッと胎動で動くようになりました。
もうっ。かわいくて仕方がないです☆
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-29 13:39 | マタニティ&育児

切迫早産 その2 

f0178283_1361561.jpg


たくさんのご心配のコメントやメールをいただき、ありがとうございました。
なかなか、PCの前にゆっくりと座れず、
コメントも返信できてなくてごめんなさい。
本当に本当にうれしかったです☆

昨日、8か月の1回目の検診に行ってきました。
7月の1ヶ月間、人生市場”最静”にしていました。
和室のテレビの前にお布団を敷いてもらって、
その30cm横にある座椅子とお布団の往復だけ。
仕事の帰りが毎日21時は過ぎる夫に、お料理以外の家事はすべてしてもらって、
お休みの日には病院に連れて行ってもらったり、
普段できない拭き掃除をしてもらったり。
文句ひとつ言わずに、
何から何までやってくれる夫に、本当に本当に感謝しつつ、
とにかく寝転がっていました。

そのおかげで、昨日の検診では子宮頸管は目で見る限り問題がない程度にまで戻りました。
だた、一度開いた子宮頸管は、おなかの張りが強くなると開きやすいらしく、
気をつけなければいけないそうなのですが、
それでも、「絶対安静」から「安静」に繰り上げ★
家事も少し増やしていいし、
片道10分ほどの近所のスーパーに軽いお買い物をしに行ってもいいとの許可が出ました。
もちろん、Babyは超・元気に動き回っています!
嬉しい~!!!!

早速、気になっていたダニアースをたいて、
掃除機&部屋中拭き掃除(は夫にお任せしましたが)にと
張り切ってしまいました。
(夜、お腹が張って怒られましたが)
今日も、快調★
1か月前は、強く張ってたんだなぁと改めてわかるほど、
お腹の張りがずいぶん和らいできています。
”絶対”という言葉はないのだろうけれど、
Babyの生命力に感謝★
このままあと3か月、
元気にお母さんのおなかの中ですくすく育ってね。
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-29 13:20 | マタニティ&育児

専業主婦生活突入!

f0178283_9262087.jpg

        ようやく少しずつそろえ始めたお気に入りのキッチンアイテム。
        ジオ・プロダクトのお玉やターナーたちです。


大学を卒業して、途中1年2か月の米国留学生活を挟みましたが、
約12年間、なんらかの形で仕事をしてきました。
大学生の間の熱烈なアルバイト期間を数えると約15年間。
20代のころは、仕事を通していろんな経験ができ、
辛いことを乗り越えて、やりがいを実感して、
少しずつ自分が成長していくこと、
何に向いているか、
何に努力すると”おもしろい”と感じるか、
がむしゃらに取り組みながら、仕事を通じて多くのことを学びました。
たくさんの人に支えられて自分が生きてることも日々実感でき、
おかげさまで会計・経理という天職とも巡り合い、
自分に自信を持つことができました。
留学を経て結婚し、30代になってからは
一つひとつの仕事に大切に向き合うことも知りました。
そして、何か結果を出そうと思ったら、
丁寧に地道にゆっくりと時間のかかることも、
人と向き合うことは半端な気力では何も変わらないことも
知りました。
私の人生は、「仕事」という柱をしっかり持って生きていくと思っていました。

けれど、
Babyが出来て、優先順位が変わりました。
今までなにものにも代え難かった仕事という軸が、
家族と家庭と毎日のことに変わりました。

今日で、妊娠7か月に入りました。
同時に今日から、無期限の専業主婦生活に入ります。
Babyが生まれてくるまでのあと約3か月半は準備のために、
その後しばらくはBabyと家族のために。
人生の中ではわずかな3~5年という短い、けれどBabyにとってはとても大事な時間を
成長を見守ってあげたいと思っています。
一食一食の食事を、ひとつひとつの成長を大切に時間を過ごしてゆきたいと思っています。

約15年間の仕事の経験は、
私から不安を取り除いてくれました。
子供が成長して、40代になって仕事をしたいと思ったときには、
もう一度スタートを切れる気がしています。
そのためにも、毎日の努力も欠かさないようにしなくちゃなと思っています。

でも、まずは毎日のことを丁寧に。
なによりも、節約生活を心がけて、
毎日何かやるべきことを決めて、
どこかきちんとお掃除して、
規則正しい生活をして、
お料理を楽しんで、
でも、ちょこっとしたぜいたくと自由も楽しんで、
自分で自分を律していかないといけないと新たな決意して今日を迎えます。

[PR]
by chiku-teku | 2008-06-28 09:58 | マタニティ&育児
f0178283_9243444.jpg


『はじめましての赤ちゃんへ
 手編みの贈りもの  村林 和子著』 より
相変わらず、棒針編みをもくもくと。

HOBYLA HOBYLEのオーガニックコットンの茶色を5玉使って、
ジャンパースカートを編みました。
まだ、性別のわからない我が家のBabyなので、
女の子だったら、ジャンパースカート、
男の子だったら、ロング・ロングベストとして使おう★っと。

f0178283_9245581.jpg前身頃の右下に、何かワンポイントを入れてあげるのが、マイブームです。
着せて後ろで留められるようになっているのですが、
このクマさんのボタンがポイント。
表参道に本店のある「ラ・ドロクワー」のボタンが
なんと!仙台のマブチでも手に入るのです。

f0178283_9341520.jpg


内側には、
少しずつ克服しつつあるかぎ針編みで
鎖編みをした結びひもをつけました。

本によると”3~9ヶ月用”だから、
10月生まれ(予定)のBabyには、ちょうど春~夏にかけてかなぁと思って、
コットンで編み編みしました。
本当は、生まれてすぐのおくるみとか、
お宮参りのドレスを編みたいのだけど。
冬物糸はあと1か月の辛抱(^^ゞ

その間に、少し大きめの春・夏ものをせっせと編み編みしております。
[PR]
by chiku-teku | 2008-06-23 09:34 | 編み編み★

Blanket

1週間ほどかけて編み編みしてきたBaby用の夏用Blanketが完成!
・・・では、ないのです。
このあと、生成りの糸で「いかりマーク」をクロスステッチしていきます。
とりあえず、ベース完成016.gif

f0178283_15204350.jpg


『はじめましての赤ちゃんへ 
 手編みの贈りもの (村林和子 著)』より

Babyグッズは、小さいので結構すぐに出来上がるのが楽しいのだけど、
さすがにBlanketは時間がかかりそうです。
ゆるゆると完成させる楽しみも♪

とりあえず、ひと休みです。
チェストにしまって、もう少ししたら続きに取り組みます。
[PR]
by chiku-teku | 2008-06-21 15:27 | 編み編み★

初めての母親学級

f0178283_8504537.jpgBabyちゃんが21週目と4日目の今日、
初めての母親学級に行ってきました。

なによりも、生まれてくるBabyには、
一番最初に夫と会ってほしいという気持ちが
強くて、仙台で出産することにしました。
Babyがやってくるず~っと前からこのことは
決めていて、
「え~っ?!里帰りしないの?」
と言われるたびに、
逆に「なぜ??」が飛ぶくらい、
私の中で夫と一緒に出産というのは
自然なことです。
実際は、産後が大変なんだろうなぁ
とは思いながらも、
家事がしっかりできる夫を頼って、
どうにか二人で頑張ってみるつもりです。

”産婦人科が少なくなってる”と最近よく聞きます。
自分自身がその渦中に置かれるまで、まったく実感できなかったのですが
百万都市である仙台でも、
分娩施設のある産婦人科が、びっくりするほど少ないことに驚きました。
総合病院はかろうじて、
個人病院含めても10本の指で数えられるほどです。
しかも、安定期に入るころには大きな病院はすでに分娩予約でいっぱい、
なんていう状況はざら。

私も今の病院に決めるまで、3か所をふらふらしましたが、
結局決め手は、家から車で15分以内、
ちゃんと話をしてくれる先生
という2点でした。
昨年9月に開業したばかりの40代くらいの若い先生で、
設備はきれいで4Dのエコーを取ってもらえたり。

今日は、初めての母親学級でドキドキしていましたが、
6人の”将来のお母さん”の参加で、助産師さんのお話を聞いて、
マタニティヨガを少しして、という2時間を過ごしました。

なによりびっくりしたのは、
ほぼ同じころの予定日の妊婦さんたちなのに、
断然私のおなかが大きいっ!
Babyよりも、私についている部分が多いのね・・・きっと・・・
先週の6か月の検診で、
「赤ちゃんは標準サイズで元気に育ってる」と言われたばかりなのですが、
私も夫も体が大きいから、
”第2の静ちゃん”が生まれてこないか心配。
現在のもっぱらの悩みです。
[PR]
by chiku-teku | 2008-06-11 23:34 | マタニティ&育児