毎日ののんびりとしたちくちく手仕事と身の回りの出来ごとを。ちくちく☆てくてく友達ができるといいなぁ。


by chiku-teku

東北 大・地震!

午前8:43頃、岩手県を震源地とする大きな地震がありました。
西日本に住む友達から、たくさんのご心配のメールをいただき、
本当に嬉しく思いました。ありがとうございます。

私は、ちょうど東京に日帰りで出かけようと、
仙台駅の新幹線のホームにいたのですが、
ふっ、と不穏な空気を感じて
(地震の直前って、空気が浮くような瞬間を感じませんか?)
ローカル線を降りて、
一度駅地下で東京の友達へのお土産た朝食のパンを買って、
ホームにエスカレーターで上がったところでした。

最初は、久しぶりの新幹線だったので、
「新幹線が入ってくるときの振動ってこんなにおっきかったっけ?」なんて
トンチンカンなことを思い、
それから続く大きな横揺れで、天井から壁の剥がれるほこりが落ちてきて、
地震だ!と思いました。
とにかく、Babyちゃんを守らなくちゃいけないし、
どこが一番安全だろう・・・と目を配っても・・・ない!!
周りのみなさんは、かがんでいたのだけど、
かがむと大丈夫なんだろうか?
でも、何か落ちてきたとき動きやすいほうがいいんじゃないかなぁ
なんて考えてるうちに、揺れが収まりました。

ちょうど隣に、お母さんと中学1年生くらいの女の子がいたのですが、
揺れが収まったころ、その女の子が
「東京行きたいのに~。」と甘えた顔で泣きべそをかき始めたので、
カチン013.gifときて、
「東京はいつでも行けるでしょ。それどころじゃないんじゃない?」と
思わずお母さんの手前なのに、説教をしてしまいました。
泣きべそのまま
「だって、今日!東京に行きたいんだもん。」
と反論するので、よけい、カチン013.gif
呆れて無視すると、お母さんが笑って「新幹線いつ、復旧しますかね?」と話かけてきました。
私にわかるわけはないのですが、
まず半日か一日は動かないだろうなぁと思ったのでそう答えて、
さっ!混み出す前に動こうっと、
エスカレーターで降り、改札で尋ねたら
奥から「震度6強だって!」って大きな声が聞こえました。
駅員さんも、大パニックだ~と思いながら、
東京行きの往復チケットをキャンセルしてもらいました。

駅員さんがもたもたしてるうちに、人が少しずつ集まってきました。
タクシー乗り場まで歩いて、まだ混んでいない中、タクシーにちゃっかり乗車。
無事に家に着くと、
花瓶と食器棚の上に置いておいた水筒と、
目覚まし時計がゴロンと転がってるだけ。
仙台駅付近よりも我が家のほうが震度が強かったと、
タクシーの中のラジオで聞いていたので心配でしたが、ホッ003.gif

今日は仕事で、職場にいた夫となかなか携帯電話がつながらず不安でしたが、
1時間ほど後、家の固定電話でお互いの安否を確認できました。

余震も続くだろうし、
災害時には、人混みを離れて
上に何もない、かつ周りに逃げられる地面のあるところに早く移動するのが一番!
って、なんか本能的に思います。

土曜日の朝だったので、被害は少なかった様子。
これが、平日だったら、パニックはもっともっと広がっていたでしょうね。
今回の震源地は岩手(岩手もここ数年多いですが)でしたが、
宮城県沖地震も99%の確率でもうすぐ来ると言われています。
普段からの準備ももちろん大切ですが、
とにかく、何か起きたときには、
冷静に行動すること、
きちんと自分の身は自分で守ることが
大事です。

余震が続いています。
[PR]
by chiku-teku | 2008-06-14 11:57 | hibiのこと