毎日ののんびりとしたちくちく手仕事と身の回りの出来ごとを。ちくちく☆てくてく友達ができるといいなぁ。


by chiku-teku

カテゴリ:マタニティ&育児( 20 )

珍しく、授乳枕で一人で寝てくれています。
2か月半ぶりにまとめて更新。ずいぶんご無沙汰しちゃいました。
にも関わらず、Blogを応援してくださっていた方には感謝感謝。
とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

f0178283_127135.jpg

さてさて、無事に2か月検診を迎えることができました。
今、書いているのは3か月半頃。
今から振り返ると、1~2か月のころが一番大変でした。
とにかく、くっついて離れず、少しでも体を離すと大泣きの繰り返し。
24時間中、22時間くらい抱っこしていました。
腱鞘炎を通り越して、関節がずれて外れてきたくらいに(涙)。

1か月検診を終えた翌日、産院から電話があり、
「先天性代謝異常の検査の再検査にひっかかったので、至急再採血をしに来て下さい」
とのこと。
医療専門ではないので、「先天性異常」と聞いただけでもう涙が出てきました。
急いでタクシーで産院へ。
夫へは電話で報告し、詳しくは夜話合おうね、と。
結果が出るのは2~3週間後とのこと。
その夜、「どんな結果であろうと、何があろうとわが子なんだから、オレたちがしっかりして、
とにかく受け入れて取り組んでいこう。」と夫があっさりと言ってくれました。
受け入れる - これほど当たり前なのに難しいことってないと思う。
育児をし始めて、受け入れる、ぶれないということがどれほど大切か痛感しています。

そしてまだ結果もでないうちに、
怪獣君が生まれた翌日に決まった新居への引っ越しを敢行しました。
1か月半のベビを抱えての引っ越しはただならぬほど大変で、
新居の同じマンションに住む友達の手助けがなければ、絶対に無理でした。
ありがとぉ。K夫妻★

引っ越して1週間、今度は乳腺炎になり近くの総合病院へ通院。
産科に産婆サロンというところがあり、育児の相談やいろんな話をしながら
婦長さんに痛い痛いおっぱいマッサージを受けて復活!
このとき、婦長さんに「怪獣君の体が硬くなってるよ~。
もっと、一緒にたくさん遊んであげてごらん。いろいろやることが多すぎて、赤ちゃんと向き合う時間が少ないんじゃない?」と言われたことがショックでした。
引っ越しの片づけやらで、怪獣君のご機嫌のいい時には放っておいて家事や片付けに必死だったので、びっくり!
「育児をするのはお母さん。外で働いてくれる旦那さんの仕事は外で働くこと。
期待しない!手伝ってくれたらめっけもん、くらいに思わなくちゃ。お母さんが子供を育てるの!」と言われて、なんだか目からうろこ。
この言葉だけ聞くと、古い考えと思う人もいるかもしれませんが、我が家のように夫の帰宅が遅い家では、本当にそのとおり。なんだか、すっきり励まされた気持になりました。
次にマッサージに行った時には、「お!赤ちゃんが柔らかくなったよ~。いっぱい遊んであげてるね」と言われて、すごく幸せな気持ちになりました。
それ以来、何をおいても、怪獣君のご機嫌のいい時には一緒にとことん遊ぶように心がけることにしました。
眠りから覚めて起きて泣いたときには、すぐに駆け寄って抱き寄せてあげる。
これだけのことが本当に大変でしたが、この時期は怪獣君に100%の愛情をあげたいなあと思うようになりました。
愛情たっぷりに接してるつもりでも、どうしても家事や自分の食事が優先になっていて、
大人の都合に合わせてたんだなぁと。
無理が生じてもいいから、赤ちゃんペースに合わせることで私のストレスも無くなっていった気がします。

そして産院から、「再検査の結果、なんともなかったですよ。マイナスでした。」という電話が。
もちろん大泣き。本当によかった・・・。
[PR]
by chiku-teku | 2008-12-16 12:00 | マタニティ&育児

しぇ~!

11月20日の1か月検診まで外出できないので、
ハンドメイドBlogどころか、すっかり育児Blogになりそうですが、
おゆるし下さい。

先日の誕生報告にはたくさんの方からコメントをいただき、
本当にありがとうございました。
友達(Blog友達も056.gif)がこのBlogを見ていてくれてるんだ~と
いうのは、すっごくすっごく嬉しいし、励みになります。

(あっ君あらため、「オッパイ怪獣君」略して、)「怪獣君」(と呼ぼう!)は、ここ数日、
お昼から14時ころにかけて眠り、その後沐浴(私の一日の大イベント)
沐浴で気持ちいいくせに泣きつづけて(時々、ほわ~んと気持よさそうな顔をするのに・・・)
疲れて、その後のオッパイ途中で眠りに入り、
夜19時か20時ころまで3~4時間寝るというのが怪獣君パターンになっています。

その間にいかに家事や、ご飯の準備、ご飯をむしゃむしゃ食べて
私のシャワーまでできるかが勝負!
毎日、怪獣君が寝てる間に、髪を乾かすまで終わったら
ちょっとした勝利感を味わっています037.gif

そして、最近のマイブームは、
怪獣君の変な顔を写真や動画に収めること。

f0178283_1931756.jpg

2日前のヒット作は、
下痢をしたお尻を洗った後の素っ裸のお着換え直前。
「シェ~」のポーズ。う~ん・・・可愛い016.gif
(一応、将来の怪獣君のため、一部モザイクをかけさせていただきました037.gif

夫が帰宅する21時から22時にかけて、ちょうど怪獣君は起きていて、
お父さんに抱っこされるとご満足の様子。(もう、わかってるのかな?)
そのままテンションあがっちゃって、
夜中オッパイあげてもなかなか寝付いてくれないこともあります。
夜中は、約3時間弱ごとに起きてオッパイ怪獣炸裂!
私のほうが眠くて、胸の上に怪獣君を乗せたまま私のほうが先に寝ています。
いつか落とさないか、心配・・・。
一昨日は夜中にハッと目が覚めて、いつも寝かせてる左側を見たら、いない!!
びっくりしたら、右側のオッパイと枕の間に、
半立ちの状態で寝ていました。
ごめんごめんと思いながらも、どんな体制でも寝れる赤ちゃんって可愛い~と
思ってしまった私。
こんな母でごめんよ~。たくましく育っておくれ。
[PR]
by chiku-teku | 2008-11-08 19:39 | マタニティ&育児

ご報告 生まれました!


f0178283_15402051.jpg


2008年10月16日 木曜日 午後7時17分
52.5cm 3760gの元気な男の子が生まれました。
「篤輝(あつき)」と命名しました。

15日に入院して、夕方から陣痛誘発剤を使い、
16日の午前2時頃に子宮口が8~10cmに開大、
その後、陣痛促進剤を使って、17時間17分にわたる壮絶な闘いでした。
16日の午前中から夫がずっと付き添ってくれて、
助産師さんに教わって腰をマッサージし続けてくれました。
お昼頃に生まれるかも、と言われていたのですが、
頭が大きくて、下りてくるのに時間がかかり、午後3時ころようやく分娩室へ。
その前にお手洗いに行ってくださいと言われたのですが、
立ち上がることも出来ず、そのまま分娩室へ。
100回以上イキんだ気がします。
結局それから約4時間。分娩室で叫んで泣いて、「もう切って下さい!」と懇願して。
体はきしんで壊れそうなのに、赤ちゃんが出てくる気配はまったくなし。
「赤ちゃんの心音はしっかりしてますよ~」とか、
「髪の毛が見えてますよ」とか、
助産師さんも先生も言ってくれるのですが、
何も見えない私としては”励ましの言葉”にしか聞こえず(涙)。

赤ちゃんの頭が下りてきたとき、頭の形がちょうど私の骨盤にはまりこんだらしく、
外になかなか出てこれず、結局吸引分娩になりました。
どんな機械かは見えなかったのですが、
掃除機のような音が聞こえて、開いて吸い出されてるのがわかました。
「はい。赤ちゃん、出てきましたよ~。もう、イキまなくていいからね」と言われたのに、
あまりに大きかったらしく、腰から下が出てくるのに、
結局「あ。もう一回いきんで。」「あと1回」と。
ようやく、この世に誕生し、どのくらいだろう・・・・
3秒後くらい?
「フゲェー」って泣き声が聞こえました。
あの瞬間の感動は忘れられません。
本当に出てきたんだ~。本当に、私のおなかの中で10か月育ってくれたんだ~。
となんとも言えない感動がありました。

・・・・あ!オッパイ怪獣が起き出したので、
続きはまた。

とりあえず、ご報告でした。
ご心配いただいたみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by chiku-teku | 2008-11-03 23:45 | マタニティ&育児

39週3日目

いよいよ、秒読み状態に入りました。
予定日は10月18日なのですが、ベビちゃんが両親に似て”でっかい”ため、
37週に入ったら、いつ出てきてもいいよ~と毎日頑張ってウォーキング&骨盤体操。
ひさびさの街歩きが楽しくて、5時間くらい歩いていたのですが、
どうも、お母さんのおなかが居心地がいいようで、
出てくる気配なし007.gif
早く会いたいような、でもお腹のムニョムニョがなくなるのはさみしいような
複雑な&落ち着かない気持でこの数週間を過ごしていました。

が、とうとう、明日の検診までに出てこないときには、入院決定。
子宮口を開き、入院して2~3日で分娩させるそうです。
月の満ち引きに関係するっていうから、
我が家の予想は15日。満月の日です。
はてさて、どうなるかなぁ?

カーテンも全部洗濯したし、
窓ふきも網戸拭きも完了。
入院中の夫のおかずを作り置きしたし、
オーブンレンジもきれいに掃除★
あとは、
冷蔵庫の中を片付けて、洗面所とトイレをきれいにして、
ベビのベッドを整えて・・・
まぁ、やることはつきないけれど、大体の準備は完了016.gif

昨日は、最後の街一人歩き。
今日は、最後の一人歩きのお出かけ(近くの市民センターにゴミ袋を交換しにいくだけですが)。
今夜は、夫婦二人っきりで最後の焼肉屋さんへ(陣痛を呼ぶというジンクスがあるそう。ただ馬力つけに行くのですが・・・)
そして、最後の一人ゆっくりお風呂になりそうです。
いざ!出陣!!って気分。

37週に入ったころは、いつ来るのかと陣痛の怖さが先立っていましたが、
この数週間で少しずつ、私の準備もできたのかも。
ベビちゃんと一緒に、壮絶な数十時間(?)頑張ってきます!
[PR]
by chiku-teku | 2008-10-13 10:56 | マタニティ&育児

活動許可!

f0178283_11421523.jpg
                ~35週と4日目 こんなになりました~


今日の、36週目(10か月初め)の検診で、
とうとう活動許可が出ました。
36週と2日目なのですが、Babyちゃんの推定体重は3,040g。
頭の大きさは9.7cmで39週並。
足の長さも39週並。
しっかり、立派に育ってます★

「37週の正規産まではまだ少しあるものの、
 活動を再開して、どんどん動いて、37週が来たら早めに分娩できるようにしましょう!
 今すぐにでもここの病院で産めますよ~」
との、先生からのお墨付きをいただき、ホッ☆としました。

よしっ!気になっていた部屋の掃除をするぞぉ~!!


・・・と張り切った矢先、帰りのスーパーでのお買い物でぜぃぜい・・・。
3か月おとなしくしてると、
体力ってこれほどまでに低下するものなのね・・・。

少しずつがんばりますっ!
[PR]
by chiku-teku | 2008-09-22 11:34 | マタニティ&育児

性別判明

前回の検診でわかったのですが、
Babyは男の子と判明!
これまた、不思議な気分でした。

実は、
おなかの中に芽生えた命に気づいた瞬間、
”この子は女の子だ!”という気がしていました。
なんの根拠もなかったのですが、
勝手にそう信じて、女の子を育てているイメージを膨らませていました。

f0178283_13292793.jpg

最近、ものすごくお腹が前に出てきていて
巷では「男の子だとおなかが前に出る」
って言うし、
男の名のかなぁとは
漠然と思っていたのですが、
エコーでばっちり証拠が!
証拠写真ももらいました。
夫も、両ばぁばも大喜び。
やっぱり、
男親は男の子だと嬉しいみたい。

不思議なもので、
ふと気付いてみれば、
今まで作ったものが
男の子向けだったのに
改めてびっくりしました。

それにしても
8か月とは思えないおなかの大きさ。
スーパーでスイカを選んでいても、
区役所の両親学級に行っても、
「臨月ですか?」と尋ねられます。
Babyも順調に大きくて(両親が二人とも大きいんだから、 おっきいのは当たり前なのだけど)
8か月と2日目で1600gでした。順調。順調。

ところで、昨日の検診では、すごいポーズをしていました。
先生も驚いて(時々あることらしいのですが)2枚もエコー写真を撮ってくれました。
足を背中側から頭の上に曲げて、自分の手で足をつかんでいました。
なんともヨガのポーズ。
両親ともに体が硬いのに、Babyの体の柔らかさにびっくり!
エコーを一緒に見ていた夫の「将来、体操選手かなぁ」の一言にクスッ☆
夫が、”お父さん”になっていってることが、何よりも嬉しいのです。

いろんなポーズをして遊んでるのがわかるくらい、
外から見てもおなかがブルッと胎動で動くようになりました。
もうっ。かわいくて仕方がないです☆
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-29 13:39 | マタニティ&育児

切迫早産 その2 

f0178283_1361561.jpg


たくさんのご心配のコメントやメールをいただき、ありがとうございました。
なかなか、PCの前にゆっくりと座れず、
コメントも返信できてなくてごめんなさい。
本当に本当にうれしかったです☆

昨日、8か月の1回目の検診に行ってきました。
7月の1ヶ月間、人生市場”最静”にしていました。
和室のテレビの前にお布団を敷いてもらって、
その30cm横にある座椅子とお布団の往復だけ。
仕事の帰りが毎日21時は過ぎる夫に、お料理以外の家事はすべてしてもらって、
お休みの日には病院に連れて行ってもらったり、
普段できない拭き掃除をしてもらったり。
文句ひとつ言わずに、
何から何までやってくれる夫に、本当に本当に感謝しつつ、
とにかく寝転がっていました。

そのおかげで、昨日の検診では子宮頸管は目で見る限り問題がない程度にまで戻りました。
だた、一度開いた子宮頸管は、おなかの張りが強くなると開きやすいらしく、
気をつけなければいけないそうなのですが、
それでも、「絶対安静」から「安静」に繰り上げ★
家事も少し増やしていいし、
片道10分ほどの近所のスーパーに軽いお買い物をしに行ってもいいとの許可が出ました。
もちろん、Babyは超・元気に動き回っています!
嬉しい~!!!!

早速、気になっていたダニアースをたいて、
掃除機&部屋中拭き掃除(は夫にお任せしましたが)にと
張り切ってしまいました。
(夜、お腹が張って怒られましたが)
今日も、快調★
1か月前は、強く張ってたんだなぁと改めてわかるほど、
お腹の張りがずいぶん和らいできています。
”絶対”という言葉はないのだろうけれど、
Babyの生命力に感謝★
このままあと3か月、
元気にお母さんのおなかの中ですくすく育ってね。
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-29 13:20 | マタニティ&育児

切迫早産

6月30日、7ヶ月検診にワクワクして出かけたところ、
切迫早産と診断されてしまいました。
自宅での絶対安静。
家事は、できるだけ座ってのお料理のみ。
あとは、ずっと横になってる毎日です。

Babyはいたって元気に、
私のおなかの中ででんぐり返しやパンチ・キックを披露していて、
成長も標準的にすくすく育っています。
最近、おなかが張ることが多くて、
張るたびに「がんばれ~」と応援しては横になっていました。
「がんばれ」って応援してる場合じゃなかったらしく、
早産マーカーで検査したら、
切迫早産の兆候が!
子宮頸管が開いてきているそうです。
いくら、現代の医療では24週以後だと生まれてきても命は育つと言っても、
今はまだ障害が残るのが必至。
 ”とにかく、まだ出てこないでね~
  頑張って、お母さんのおなかでゆっくり育ってね”
と言い聞かせて、安静を貫くのみです。

そんなこんなで診断から2週間。
1週間後の検査では、現状維持。
良くも悪くもなっていないとのことで引き続き自宅安静。
PCの前に座ることもままならず、Blogの更新もさぼっていましたが、
ここ数日は張りも少ない様子。
張り止めと安静が効いてるのかな。
テレビの前にお布団を敷いてひたすら横になっている毎日は退屈極まりないのですが、
”今、Babyを守れるのは私だけ。
 長い人生の中で3か月なんて大したことないさっ”と
自分に言い聞かせて、
せっせと寝ています。
時々、座椅子に座ってゆっくり刺繍ちくちくと編み物編み編み。

正規産になるまであと11週。
お腹の中で、お母さんにしがみついててね。Babyちゃん!
[PR]
by chiku-teku | 2008-07-13 18:43 | マタニティ&育児

専業主婦生活突入!

f0178283_9262087.jpg

        ようやく少しずつそろえ始めたお気に入りのキッチンアイテム。
        ジオ・プロダクトのお玉やターナーたちです。


大学を卒業して、途中1年2か月の米国留学生活を挟みましたが、
約12年間、なんらかの形で仕事をしてきました。
大学生の間の熱烈なアルバイト期間を数えると約15年間。
20代のころは、仕事を通していろんな経験ができ、
辛いことを乗り越えて、やりがいを実感して、
少しずつ自分が成長していくこと、
何に向いているか、
何に努力すると”おもしろい”と感じるか、
がむしゃらに取り組みながら、仕事を通じて多くのことを学びました。
たくさんの人に支えられて自分が生きてることも日々実感でき、
おかげさまで会計・経理という天職とも巡り合い、
自分に自信を持つことができました。
留学を経て結婚し、30代になってからは
一つひとつの仕事に大切に向き合うことも知りました。
そして、何か結果を出そうと思ったら、
丁寧に地道にゆっくりと時間のかかることも、
人と向き合うことは半端な気力では何も変わらないことも
知りました。
私の人生は、「仕事」という柱をしっかり持って生きていくと思っていました。

けれど、
Babyが出来て、優先順位が変わりました。
今までなにものにも代え難かった仕事という軸が、
家族と家庭と毎日のことに変わりました。

今日で、妊娠7か月に入りました。
同時に今日から、無期限の専業主婦生活に入ります。
Babyが生まれてくるまでのあと約3か月半は準備のために、
その後しばらくはBabyと家族のために。
人生の中ではわずかな3~5年という短い、けれどBabyにとってはとても大事な時間を
成長を見守ってあげたいと思っています。
一食一食の食事を、ひとつひとつの成長を大切に時間を過ごしてゆきたいと思っています。

約15年間の仕事の経験は、
私から不安を取り除いてくれました。
子供が成長して、40代になって仕事をしたいと思ったときには、
もう一度スタートを切れる気がしています。
そのためにも、毎日の努力も欠かさないようにしなくちゃなと思っています。

でも、まずは毎日のことを丁寧に。
なによりも、節約生活を心がけて、
毎日何かやるべきことを決めて、
どこかきちんとお掃除して、
規則正しい生活をして、
お料理を楽しんで、
でも、ちょこっとしたぜいたくと自由も楽しんで、
自分で自分を律していかないといけないと新たな決意して今日を迎えます。

[PR]
by chiku-teku | 2008-06-28 09:58 | マタニティ&育児

初めての母親学級

f0178283_8504537.jpgBabyちゃんが21週目と4日目の今日、
初めての母親学級に行ってきました。

なによりも、生まれてくるBabyには、
一番最初に夫と会ってほしいという気持ちが
強くて、仙台で出産することにしました。
Babyがやってくるず~っと前からこのことは
決めていて、
「え~っ?!里帰りしないの?」
と言われるたびに、
逆に「なぜ??」が飛ぶくらい、
私の中で夫と一緒に出産というのは
自然なことです。
実際は、産後が大変なんだろうなぁ
とは思いながらも、
家事がしっかりできる夫を頼って、
どうにか二人で頑張ってみるつもりです。

”産婦人科が少なくなってる”と最近よく聞きます。
自分自身がその渦中に置かれるまで、まったく実感できなかったのですが
百万都市である仙台でも、
分娩施設のある産婦人科が、びっくりするほど少ないことに驚きました。
総合病院はかろうじて、
個人病院含めても10本の指で数えられるほどです。
しかも、安定期に入るころには大きな病院はすでに分娩予約でいっぱい、
なんていう状況はざら。

私も今の病院に決めるまで、3か所をふらふらしましたが、
結局決め手は、家から車で15分以内、
ちゃんと話をしてくれる先生
という2点でした。
昨年9月に開業したばかりの40代くらいの若い先生で、
設備はきれいで4Dのエコーを取ってもらえたり。

今日は、初めての母親学級でドキドキしていましたが、
6人の”将来のお母さん”の参加で、助産師さんのお話を聞いて、
マタニティヨガを少しして、という2時間を過ごしました。

なによりびっくりしたのは、
ほぼ同じころの予定日の妊婦さんたちなのに、
断然私のおなかが大きいっ!
Babyよりも、私についている部分が多いのね・・・きっと・・・
先週の6か月の検診で、
「赤ちゃんは標準サイズで元気に育ってる」と言われたばかりなのですが、
私も夫も体が大きいから、
”第2の静ちゃん”が生まれてこないか心配。
現在のもっぱらの悩みです。
[PR]
by chiku-teku | 2008-06-11 23:34 | マタニティ&育児